9DD81076-7044-4BB2-865D-50A7B0D4EBC3
受験シーズンが終わると卒業式シーズンが近づいてきます。

コロナ禍での混沌とした状況では、開催中止せざるを得なかったり開催方法を変更したりと、学校関係者はさぞ大変かと察します。

それでも生徒にとっては大切な節目ですし、大人としても祝辞や祝文を用意していく時期ですから、どんな意味合いが適切なのか、迷われることでしょう。

かの有名な「マザー・テレサ」は心に響く言葉をたくさん残していますので、この春に向けて参考になりそうな一節を紹介します。

人はしばしば不合理で、非論理的で、自己中心的です。
それでも許しなさい。

人にやさしくすると、人はあなたに何か隠された動機があるはずだ、と非難するかもしれません。
それでも人にやさしくしなさい。

成功をすると、不実な友と、本当の敵を得てしまうことでしょう。
それでも成功しなさい。

正直で誠実であれば、人はあなたをだますかもしれません。
それでも正直に誠実でいなさい。

歳月を費やして作り上げたものが、一晩で壊されてしまうことになるかもしれません。
それでも作り続けなさい。

心を穏やかにし幸福を見つけると、妬まれるかもしれません。
それでも幸福でいなさい。

今日善い行いをしても、次の日には忘れられるでしょう。
それでも善を行いを続けなさい。

持っている一番いいものを分け与えても、決して十分ではないでしょう。
それでも一番いいものを分け与えなさい。

マザー・テレサ

いかがでしょうか。

社会の矛盾を指摘した「行動指針」というか「行動規範」ともいえます。

これは和訳された文章ですので、マザー・テレサの原文を紹介します。

People are often unreasonable and self-centered.
Forgive them anyway.

If you are kind, people may accuse you of ulterior motives.
Be kind anyway.

If you are successful, you will win some unfaithful friends and some genuine enemies.
Succeed anyway.

If you are honest, people may cheat you.
Be honest anyway.

What you spend years creating, others could destroy overnight.
Create anyway.

If you find serenity and happiness, some may be jealous.
Be happy anyway.

The good you do today may be forgotten tomorrow.
Do good anyway.

Give the best you have, and it will never be enough.
Give your best anyway.

Mother Teresa

いかがでしょうか。

気になる「それでも」という言葉は " anyway " でした。

逆に " anyway " を調べると「そういうこともあるが、とにかく」という意味。

使われ方の事例があったのでメモしておきます。

Not everyday is a good day, live anyway.
Not everyone tells the truth, trust anyway.
Not everyone will love you back, love anyway.
Not every game is fair, play anyway.
毎日がいい日というわけじゃないけど、とにかく生きよう。
みんなが本当の事を言ってくれる訳じゃないけど、とにかく信じよう。
みんなが貴方に愛を返してくれるわけじゃないけど、とにかく愛そう。
すべてのゲームがフェアじゃないけど、とにかく参加しよう。

さて、話を戻します。笑

個人的に

社会における人間関係は悩ましく、悩んだら行動が止まります。そのような時は「そういうこともあるが、とにかく」自分の行動を止めない信念(自分自身の存在を保つために必要な「それが正しい」と堅く信じ込んでいる心)が重要であると説いている。

と最初は解釈しましたが

現在は「どんな状態であれ、あなたは生きる価値があるんだよ、だから相手の態度によって自分の行動を止めたり変えたりする必要なんかないんだよ」と優しく語りかけている気がします。

まさに「ダイバーシティ(多様性)」に必要な「達観(細かい事に迷わされず、道理・真理を見きわめること。また、物事にこだわらず、どうなろうとも動じない心境になること)」であるのかもしれません。