AIDMAS
サゴースタッフが参加した接客セミナーの報告書に書かれたメモが気になりました。
  • AIDMA(S)の法則
    〆能蕕ら核心に触れない
    興味を引くような説明をする(2回ほど)
    商品そのものの特徴をしっかり伝える
    ぅ泪ぅ淵耕未あればそれを伝える
    ズ埜紊望ι覆領匹気鬚發Π豌,靴垢

『サジェスティブ(推奨)・サービスの実践』というタイトルの接客サービスセミナーだったようですが、この5つのプロセスは重要であることと理解できても、なかなか実践できないことです。

添付された資料には、お客様にサービスを「積極的にお奨め、ご提案すること!」で、「しかも、興味をそそるような話し方の展開なくしては成立しないもの」と書かれています。

  • ふれあい性(感じ良い第一印象、話しやすい雰囲気)
  • 居心地の良さ、美味しさ(想像できるよう五感で訴える)
  • パーソナル提案(自分の体験談から確信させる)
  • 施設・食・観光地の情報発信(オススメできる奥深さ)
そして、これが達成できると
  • お料理や飲み物、施設内の設備への満足度を向上させる
  • 接客サービスの満足度を向上させる
  • 客単価の向上が図れる

といった効果が期待できるわけそうなんです。


ここでWikipediaからAIDMAの説明を引用します。

AIDMA(アイドマ)とは1920年代にアメリカ合衆国の販売・広告の実務書の著作者であったサミュエル・ローランド・ホールが著作中で示した広告宣伝に対する消費者の心理のプロセスを示した略語である。日本語圏において「AIDMAの法則」として、広告代理店の電通等により提唱されたAISASとの比較により知られる。AIDMAの法則では、消費者がある商品を知って購入に至るまでに次のような段階があるとされる。

  • Attention(注意)
  • Interest(関心)
  • Desire(欲求)
  • Memory(記憶)
  • Action(行動)
米国等でより一般的に知られた類似の用語として1920年代に応用心理学の分野で米国のE.K. Strongが論文中に示したセールスにおける顧客心理の段階のAIDAがあり米国でのマーケティング、セールスや広告営業における用語としてはむしろこちらの方が現在でも世俗的に用いられることがある。
  • Attention(顧客の注意を引く)
  • Interest(顧客に商品を訴求し関心を引く)
  • Desire(顧客に商品への欲求があり、それが満足をもたらすことを納得させる)
  • Action(顧客に行動を起こさせる) 
近年、ネットでの購買行動のプロセスモデルとしてAIDMAに対比されるものとして日本の広告代理店の電通等によりAISAS(エーサス、アイサス)というモデルが提唱された。
  • Attention(注意)
  • Interest(関心)
  • Search(検索)
  • Action(行動、購入)
  • Share(共有、商品評価をネット上で共有しあう)

なるほどね〜!勉強になります!

 

これには「AIDA」「AIDCA」「AIDAS」など似ているが、ちょっと違うニュアンスが書かれていますので、ぜひ興味ある方は読んで、さらに勉強して、自分の業界なりの法則やモデルを考案してみてはいかがでしょうか〜!