サゴー
会社サイトはイメージを一瞬で決定づけてしまうかもしれません…

ホームページと言っても、会社の経営方針などや歴史を掲載する目的から、実際にサービスを予約販売する目的まで、多種多様となっていますが、最近では企業案内はリクルートサイト(求人:良い人材を集めるため情報発信)としている場合も少なくありません。

そういう意味では、単に募集案内だけでなく、会社のイメージをしっかりと伝え、会社の重要な戦力になろうとする人材が応募するマッチングの場となっているわけです。

今日は昨年書いた記事「企業サイトをつくる際の留意点」の復習も兼ねて、改めてgooランキングで発表された「企業のウェブサイトで困ってしまうことランキング」(2008年5月21日〜23日)を掲載します。

 1.情報が数ヶ月間更新されていない
 2.画像が多くて、思い
 3.「準備中」のコンテンツだらけ
 4.リンク先がPDFファイル
 5.トップページからオールFlash
 6.ポップアップがどんどん開く
 7.情報が多すぎで探している情報にたどり着けない
 8.商品一覧などの一覧ページがない
 9.突然音が鳴る
10.問合せ先が明記していない
11.サイトを見ても何を伝えたいかがわからない
12.商品の詳細情報がない
13.ブラウザのサイズを勝手に変えられる
14.サイト内検索が出来ない
15.会社案内の地図がわかりにくい
16.目に優しくない背景色(黄色や赤色など)
17.全体的に文字が小さい
18.公式ブログがスタッフの内輪ネタばかり
19.右クリック禁止
20.サイトメニューが英語で書いてある

サゴーグループの会社サイトはリクルート中心のコンテンツに変更をしましたが、以前よりも上記ポイントからの逸脱は少ないと思います。

事業所サイトは、営業的なコンテンツ中心ですが、どういった会社が経営しているのかをチェックされる場合があります。

そういった段階まで興味を持っていただいて、がっかりするような内容では営業成績も上がるわけがありませんので表も裏もしっかりと固めたいものですね。