浜松餃子(転載禁止)

宇都宮餃子が浜松市に来て、餃子を食べて美味しさを競い合う「交流イベント」をしましたよ☆

◆日本経済新聞社(2005年6月4日)
隠れた名産品であるギョーザを生かして地域を活性化――。静岡県浜松市中心部で飲食店の経営者などの有志が中心となり、「浜松餃子(ギョーザ)学会」設立の動きを7月から本格化させる。このほど準備会を設立。浜松ギョーザの定義を作ることや、浜松ギョーザを食べることができる店が一目でわかるよう地図の作製に乗り出す。浜松ギョーザの特徴はギョーザにゆでたもやしが添えられていること。「宇都宮などのギョーザに比べて肉の量が多いことから、脂を吸い取るために置かれ始めた」(準備会の山田晃通氏)という。市内にはギョーザ専門店が約30店、看板にギョーザの名前を出している店を合わせると100店に達する。準備会ではギョーザを食べられる店をまとめた地図を作製し、観光客などに配布することを計画している。地元に住んでいるブラジル人や海外からの観光客にも対応するため、英語やポルトガル語、中国語などの地図も作製する。
浜松青年会議所などが中心となって開催された新浜松市合併イベントで行われた「浜松餃子と宇都宮餃子のコンテスト」の反響が予想以上に多くてびっくりしました…。

確かに浜松市は、餃子の消費量が宇都宮に次いで全国2位と言われていますが「全国2位と言われている」という表現は、統計学的には県庁所在地がランキングの対象になるため、現在は浜松市はランクインしていませんが、この新浜松市合併で政令指定都市になるとランキング対象になるからです。それから、浜松市内には全国シェア6割を誇る餃子製造機械メーカー(東亜工業株式会社)があることも背景にあるようです。

さて、今回は「浜松餃子学会」が主催で、宇都宮と浜松による「ぎょうざ対決」として開催されました。

浜松餃子(転載禁止)

審査員にはテレビでもおなじみの服部幸應氏が来場していただく、という流れで「対決」という表現となりました。出店した10店の屋台(宇都宮から4店舗、浜松から6店舗)の前に、長蛇の列…。このために用意した、約30,000個の餃子も、ほぼ売れ切れ大盛況となりました!

結果はズバリ、宇都宮の勝利!

個人的には、食べなれた浜松餃子が美味しいと思いましたが、宇都宮「ミンミン」さんが一番人気で「ぎょうざ大将」を受賞しました。

今回のコンテストの判定方法は以下の通りでした。
◆浜松餃子のお店と宇都宮餃子のお店が並んでいる中で好きなお店で餃子を買って食べる。
◆食べた餃子のお皿を美味しいと思った店名のゴミ袋に入れてもらいます(これを1票)。
◆それぞれのお店に投票されたお皿の数(得票数)で順位を競い合うというものです。

浜松餃子よりも宇都宮餃子の方が浜松市民には珍しさもあり、圧倒的に多く売れました。食べ終わったお皿の数も絶対的に多くなり、票数カウント(絶対数)で宇都宮の勝ちとなったわけです。そもそも、一皿に6個くらい入っているので、各々が食べても2〜3店ですので、比較するほど食べれないということもあります…。

このイベントは、とにかく「浜松は餃子が好き」ということを市民に知っていただくことが大切で、結果を重要視していません。つまり、浜松市民にさらに「餃子文化」を浸透させ、「浜松の地域ブランド」のひとつとして名乗りあげることが大きな目的でした。そして、宇都宮との【親睦】はあっても【対決】はあまり意識すべきではなかった、というのが実情です。

今後は「浜松餃子学会」が活動母体になろうかうかと思いますので、活躍されることを期待します!