浜松市立高校同窓会理事会
伝統ある「浜松市立高校」の同窓会理事会にて60分の講演。


2019年8月21日(水)の講演は100名以上とはいえ、学生でも社会人でもない方々が対象の大半ということと、文武両道で有名な高校であることから、いつもと同じタイトルで違う自分自身の人生について内容をしてみました。


夢を語り、志を行動(かたち)に変えよう!


学生時代は陸上競技の走高跳の選手として、練習と試合に明け暮れた毎日を過ごしたこと。


小野晃司(走高跳)


その実績なども人前で初めて公開しました。

◆主な大会実績
  • 1981年 全日本中学校陸上競技選手権大会 優勝(1m94)
  • 1983年 全国高等学校陸上競技選抜大会 第二位(2m11)
  • 1984年 全国高等学校陸上競技選抜大会 第二位(2m11)
  • 1986年 全日本大学陸上競技選手権大会 優勝(2m19)
  • 1986年 国民体育大会 優勝(2m18)
  • 1987年 日本陸上競技選手権大会 第二位(2m18)
◆最高記録
  • 中学時代 1m97
  • 高校時代 2m20(現在でも東海高校記録)
  • 大学時代 2m23


走高跳での記録への挑戦、恩師との出会い、引退の理由、留学の経験、そして現在の仕事に対する情熱など、自分の歴史から生き方を振り返る機会となりました。


小野晃司(留学)


皆様から「あっという間の60分間だった」とお褒めのお言葉をいただき、心から嬉しく感じるとともに、機会をいただいた同窓会の須賀会長には感謝申し上げます。