生きてる証拠
ネットでたまたま見かけた言霊を紹介します。


とはいえ、タイトルもなく、どなたのオリジナルか調べても不明でした。


しかも、長い箇条書きになったり、変形もありますが、インパクトある共通の部分のみを、メモ代わりに記載します。



笑えたのは、楽しんだ証拠

怒れたのは、真剣だった証拠

喧嘩したのは、一緒だった証拠

つまずいたのは、進もうとした証拠

裏切られたのは、信じていた証拠



以上です。


最後に、自分なりの解釈を自分の言葉として、このブログの題にしてみます。



生きるとは
たくさんの「証拠」を残していくこと

それを
「自分が生きた証」と言うのだろう



もし、お読みになって感じること、挨拶などで使えそうなど、参考になるようでしたら幸いです。