日本の貨幣コレクション
アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社から「日本の貨幣コレクション」が2017年8月30日(水)に創刊されるそうです。




事前に創刊号からvol.4までの4冊が送られてきましたので、このブログで紹介したいと思います。


とはいえ、こういったシリーズもの、あるいはコレクションもの、といった定期購読をしたことがない私にとって「日本の貨幣」のレプリカが送られてきても、どこかで見たことあるパッケージパターンのデザインという程度の第一印象でした。


日本の貨幣コレクション


4冊がドカッと送られてきましたが(いわゆる献本でしょうか)、それでも趣旨がわからないままに開封してみると、写真の様な親切な解説が…

日本の歴史上で使用された貨幣の数々を集めることで新しい日本史が見えてくる

という表現から、企画のコンセプトが少し理解できました。


日本の貨幣コレクション


さらにページをめくっていくと、今後のシリーズで送られてくる資料を付録でついてくるバインダーで整理すると、オリジナルの「コレクション&大百科」が完成するという構成になっているようです。


日本の貨幣コレクション


さらに、創刊号から次々と販売される内容は「7つの章」にわけて「日本の貨幣と歴史を網羅」しながら学んでいくコンテンツが解説されていました。


日本の貨幣コレクション


正直いって、いい意味で予想を裏切られ、私の場合はサンプル提供でしたが、この後のシリーズを定期購読したいと思う自分がいたことを否定しません。


前置きが長くなりましたが、取り急ぎ、創刊号のみをブリーフします。


image


冊子は開くと、右に貨幣のレプリカが、左にその概要が説明されています。


日本の貨幣コレクション


保護ケースから取り出して、手にしてみると、それは想像をはるかに超える重みある貨幣が!


日本の貨幣コレクション


冊子の中には詳細の説明もありました。


創刊号のレプリカは「明治3年銘の20円金貨」で「日本初の洋式コイン」です。


日本の貨幣コレクション


このような内容でシリーズ化された「日本の貨幣コレクション」は、創刊号が190円(税込)で、その後は999円(税込)だそうです。




近い将来は「電子マネー」や「仮想通貨」に置き換わる時代に、あえて貨幣の歴史を学ぶのは、自分の知識を整理しておく意味で価値があるかもしれません。


ぜひ、興味ある方は購読を、まずは創刊号を、おすすめします!

ブログタイムズ
[ PR by BLOGTIMES ]