2016年09月07日

浜名湖サイクルツーリズム推進会議によるバイシクルピット認定式:サイクリストを歓迎する観光圏に!

浜名湖サイクルツーリズム推進会議


浜名湖サイクルツーリズム推進会議では、浜名湖周辺に自転車愛好家の誘客を図るため、サイクリストに優しい宿および休憩所を指定する Bicycle Pit の認定式を、2016年8月31日に舘山寺サゴーロイヤルホテルを会場にして開催いたしました。




浜名湖では、いままでも「浜名湖サイクル・ツーリング」を開催するなど、地道な活動を積み重ねてきた土壌があります。




最近では、浜名湖観光圏の観光振興策の柱のひとつ「浜名湖サイクルツーリズム推進会議」が中心となって展開している事業「バイシクルピット」の認定と位置付けられます。




当日の内容は中日新聞に掲載されましたので、紹介します。




内容は以下の通りです。


◆サイクリストを歓迎 休憩所と宿泊施設63カ所 西区で認定式 - 中日新聞 2016.09.01
浜名湖観光圏整備推進協議会(会長・鈴木康友浜松市長)は、浜名湖周辺へのサイクリスト誘客に取り組むため、自転車の休憩所「バイシクルピット」とサイクリストを歓迎する宿泊施設に、湖西市を含むホテルや食堂、観光施設などを延べ63カ所を認定。31日に浜松西区のホテルで認定式を開き、認定書を交付した。休憩所は、駐輪スペースを備え、空気入れやレンチなどの修理工具を常備し、無料で貸し出す。宿泊施設も修理工具などを備え、自転車の屋内への持ち込みや保管に対応する。認定施設は同協議会ホームページやサイクリングマップで紹介される。認定式では、浜松市の星野副市長が「浜名湖がサイクリストのおもてなしができる場所として全国的に広がっていくように、一歩一歩皆さんと一緒にやっていきたい」と協力を呼びかけた。浜名湖サイクルツーリズム推進会議の田中孝治座長は「浜名湖のサイクリストは確実に増えている。地域振興や経済効果につながるようにしたい」と述べ、来年1月から放映されるNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」でつながりある滋賀県の琵琶湖と連携し、イベントを開催したいとの考えも示した。同協議会は、サイクリストへの情報提供コーナーや給水設備を備えた「自転車の駅」を、天竜浜名湖鉄道気賀駅や浜名湖遊覧船瀬戸港など6カ所に設置。シャワーやロッカー、レンタサイクルの総合管理などを行う「サイクルツーリズムセンター」も設置する。(赤野嘉春) 


サイクリストにやさしい観光圏への整備は始まったばかりです。




浜名湖サイクルツーリズム推進会議



浜名湖周辺でサイクリングを楽しむのに必要な、サイクリングマップ、休憩所、パンクなどの修理に必要な工具など備えたエイドステーションの設置など、サイクリストに優しい観光圏の形成を目指していきますので、ぜひ浜名湖にお越しください!



Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加





この記事へのトラックバック

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ono3535/51906720