名言格言いい言葉

Facebookページ「人生と経営に役立つ名言・格言・いい言葉」は2011年3月に開設してから、世界の歴史に残る偉人や著名人が残した「言霊(ことだま)」を地道に発信しています。


おかげさまで、現在の登録者が38万人を目前にしている人気ページに成長しながらも、実はフェイスブック内でしか情報を共有できませんので、このブログではバックナンバーとして、一ヶ月分(2015年5月)をメモ代わりに掲載しています。


皆様の、参考になれば幸いです。

  • 夢に向かって一歩を踏み出すかどうか。一歩踏み出せば、そこからいろんな可能性が開けてくる。(蒲島郁夫
  • 苦労するにしても、上手な苦労、下手な苦労があります。みじめな気持ちや弱気というのは駄目。明るく、希望を持って学ぶことです。(淡谷のり子
  • 朝には、希望に起き、昼には、努力精進に生き、夜には、反省と感謝で眠る。(平澤興
  • 迷ったらダメなんだね。人生の答えなんて、考えたって分かるものじゃない。ただ、その時その時を、ぎりぎり一杯生きている奴だけに、その答えは見えてくるんじゃないだろうか。(藤本義一
  • 自分の国で苦しんでいる人がいるのに、他の国の人間を助けようとする人は、他人によく思われたいだけの偽善者である。大切なことは、遠くにいる人や、大きなことではなく、目の前にいる人に対して、愛を持って接すること。愛は、まず手近なところから始まります。(マザー・テレサ
  • 課題は、大きければ大きいほど動かない。ただ、最初の一ミリが動くと、あとはどんな大きな岩も転がっていく。(山本良一
  • 行き当たりばったりの人は、偶然の幸福を信じて、運命に身を任せている。しかし、素晴らしい人生を築く人というのは、自分を信じて、自ら運命を創りあげていくのです。(ベンジャミン・ディズレーリ
  • 砂糖の甘さや塩の辛さは、なめてみないとわからない。いくら水泳の講義を聞いても、畳の上の水練では泳げるようにならない。何事も実際に体験して初めて真に理解し、身につくのである。「百聞は一見にしかず」と言うが「百見は一験にしかず」とも言えよう。(松下幸之助
  • 本当に大切なものは、失った時にしか気づかない。それを失う前に気づくのが大人だろう。(外尾悦郎
  • どんなに暗い闇が襲っても、朝日の差さない日はありません。夜明けに近い時間ほど、闇は濃いのです。どの日も必ず明るい朝から始まります。(鈴木秀子
  • どんな日であれ、その日を心置きなく楽しむこと。ありのままの一日を、ありのままの人々と過ごすこと。もし過去を振り返っても、現在を感謝すればいいのです。そして未来を心配しないこと。だって現在を楽しむゆとりが奪われてしまうでしょ。(オードリー・ヘップバーン
  • リーダーは、いかなる時も上機嫌で、希望の旗印を掲げていなければならない。(三浦雄一郎
  • 花が咲いている。精いっぱい咲いている。わたしたちも精いっぱい生きよう。(松原泰道
  • 仕事とは、結果を出すこと。私のポリシーは「追い求める」ことです。その信念は、ずっと貫いていきます。(塚本こなみ
  • 「よい願いじゃないか。きっと、かなうよ」「書いたくらいじゃ、かないませんよ」「それがわかってるなら、かなうさ」(わかつきめぐみ
  • 人生に大切なのは、何回呼吸するかではなく、何度息をのむ瞬間に出逢えるかよ。(ビヨンセ
  • 私が嫌いなあの人も、どこかで誰かの特別な人なんだろうな。私が好きなあの人も、どこかの誰かに嫌われてるんだろうな。そんなこと思う私は、どこかで顔も知らない誰かに恨まれたり愛されたりするのだろうか。(吉高由里子

今回のまとめは以上です。

もし興味ある方は、フェイスブックページで内容を確認できます。


そして、ページの「いいね」ボタンを押していただくと、ほぼ毎日の朝に写真付きで言霊が配信されます。


さらに、このブログの「言葉のチカラ」カテゴリでは、過去のまとめ記事と言葉に関する記事をご覧いただけます。


言霊は、知識ではなく知恵。

みんなで感性を高めましょう!