21

第18回統一地方選は19日、政令指定都市を除く89の市長選と295の市議選、東京都で11の特別区長選、21の区議選が告示され、2015年4月26日に投票が行われ、即日開票されます。


関係者はもちろん出口調査から選挙結果速報が気になりますよね。


その「統一地方選挙2015」の結果は、前半戦でNHK公式サイトが人気でしたが、後半も同じくスマホで確認できます!


開票速報は4月26日(日)午後8時ごろよりお伝えします


後半の統一地方選挙について、少し整理をしておきます。

  • 北海道内13市長選・26市議選告示 統一選後半戦スタート - 2015統一地方選
    統一地方選挙は、19日、政令指定都市以外の市と東京の特別区で、市区長と議会議員の選挙が告示され、後半の選挙戦が始まりました。このうち、5つの県庁所在地を含む100の市区長選挙には、午前11時半現在で、合わせて210人が立候補しました。4年に1度の統一地方選挙は、19日、政令指定都市以外の100の市区長選挙と、316の市や区の議会議員選挙が告示され、後半の選挙戦が始まりました。立候補の受け付けは午前8時半から行われていて、午前11時半現在のNHKのまとめによりますと、100の市区長選挙には合わせて210人が立候補しました。内訳は、現職が84人、元市区長が3人、新人が123人で、女性の立候補者は15人となっています。このうち、県庁所在地の市長選挙は、水戸、津、高松、長崎、大分の5つあり、大分市長選挙は、自民党などが推薦する候補と民主党などが支援する候補が対決する構図となっています。一方、津と長崎の市長選挙では、これまでのところ、それぞれ現職1人だけが立候補を届け出ています。このほか、316の市と区の議会議員選挙には、合わせて7682人の定員に対し、9500人程度が立候補する見通しです。市区長選挙と、市や区の議会議員選挙は、21日に告示される町村長と町村議会議員の選挙とともに、今月26日に投票が行われます。

告示の時点での記事は以上の通りです。


統一地方選挙の後半戦では、住民に身近な行政サービスを直接担う市区町村の選挙が行われることから、地域の活性化の進め方などに加え、子育て支援や高齢者福祉の充実など暮らしに密着した課題を巡っても、活発な論戦が行われました。


皆さんが応援する気になる候補者の投票結果はいかがでしょうか!