38

サゴーグループは「社外学習と社内改善」を経営基本方針「知行合一」の重点実施項目のひとつに掲げ、自ら学び改善しお客様に還元する組織を目指しています。

サゴー浪漫舘のスタッフが地元食材などの生産地を巡り生産者と意見交換した記事が静岡新聞に掲載されましたので紹介させていただきます。

”食の現場”で意見交換 中区の飲食店社員工場見学 - 静岡新聞 2013/5/8
 浜松市中区の飲食店「サゴー浪漫舘」の社員らが7日、地元食材などの生産地を巡り、生産者と意見交換する研修を行った。
  ソースなどの調味料を製造している「鳥居食品」(同区)の工場では、岩井達也工場長(52)が製造工程や商品のこだわりを紹介した。ソースの香りが立ち込める中、創業以来使用する全国的にも珍しい木桶を前に「1〜3ヵ月ほど熟成させ、まろやかな味を生み出す」と説明すると、参加者から次々と質問が上がった。
 同店で料理長を務める今村晃義さん(35)は「昔ながらのこだわりを知ることができた。調味料を生かしておいしい料理を提供したい」と話した。 
鳥居食品にて

トリイソース

トリイソース

加藤醤油にて

加藤醤油

ヤママツ鈴木農園にて

ヤママツ鈴木農園

共栄商会にて

共栄商会

以上で、サゴー浪漫舘の掲載記事と写真の紹介となります。
今後は、研修内容を活用して、お客様に還元できるよう努力してまいります。