浜松軽トラ市
10月8日に第9回目の浜松まちなか軽トラ市が開催されましたが

2011年1月から毎月第2土曜日、6月は台風により中止となった以外は開催を継続しています。
その実績から、最近では、スズキ歴史館に展示コーナーをつくっていただいたり、全国各地から軽トラ市を開催したい方々が視察に来ていただくなど、実行委員会としても、「集客への仕掛けづくり」と「継続への仕組みづくり」に知恵を絞りながら、進化する工夫を実践しています。

IMG_4186

今回は、実行委員長として、8月、9月、10月の3回分をまとめて、進化した部分を含め、報告させていただきます。

浜松軽トラ市

いつもの通り、浜松市役所を集合場所としていますが、受付時には幸福の黄色いハンカチと販売箇所を指定するゼッケンをお渡しします。

浜松軽トラ市

毎回若干の出店者が入れ替わるため、全員を集めて注意事項などの説明をしてから順番に
会場であるモール街へ移動します。

浜松軽トラ市

軽トラ市は生産農家と消費者を身近に感じていただくことが大切な考え方ですが、8月からは学生さんが協力して「私たち農家からあなたへ」というタイトルのボードを手作りしてくれて、朝に写真を撮影してプリントアウトしたプロフィールを貼り出してくれるようになったのは大きな進化です!

浜松軽トラ市

こうした浜松産のパパイアが…地元でも意外と知られていない農作物が登場します!

浜松軽トラ市

サゴー前では東日本大震災で被災している方を緊急雇用して物品販売している「はままつ・東北交流館」のスタッフが笑顔で対応してくれています!

浜松軽トラ市

季節的に野菜を求める方が多くなり…まさに生活密着型事業!

浜松軽トラ市

夏場から長野県方面から高原野菜としてトマトなどが並んでいたり…

浜松軽トラ市
 
9月には大和商工会議所の山崎会頭をはじめとする皆様が浜松まで視察に来られました!

浜松軽トラ市

同じように沼津商工会議所青年部メンバーも!11月には例会として20名で見学に来る予定になっています…感謝!

浜松軽トラ市

10月になると、栗など季節を感じる農作物を生産者と会話を楽しめるようになりました!

浜松軽トラ市
 
出店者の皆さんは、回を重ねるごとに看板やPOPなど意欲的になってきたのも進化のひとつです!

浜松軽トラ市

お客様はモール街を行ったり来たり往復して買い物を楽しみます♪

浜松軽トラ市
 
最近は、毎月第2土曜日に開催することが定着して友達と一緒に買いに来られるかたが増えてきました。

浜松軽トラ市

たくさん買った…友達を待っている…などなど、近くに座って休憩できる場所が欲しい、というリクエストが多くなってきたのですが、これに対応すべく「遠江特鮮市場」のスタッフが中心となって、
軽トラックの配置スペースの空白エリアに「和カフェ」を営業するようになりました

浜松軽トラ市
 
浜松軽トラ市

愛知県の設楽町からも出展していただき広域連携のテーマも拡充を図っています。

浜松軽トラ市

そして、浜松まちなか軽トラ市では、毎回お客様アンケートを行い、どこから来たのか、何できたのか、目的や要望などを調査したデータを分析して、事業の成果の確認をしています!

浜松軽トラ市

若者も最近では調理されたりカットされた野菜しか知らない子が多いのか興味を持って農作物を手にする姿が見られます!

浜松軽トラ市

11月は5日(土)と12日(土)の2週連続で開催します!

e422840d-s

特に11月5日(土)は、日頃と出店者をほどんど入れ替えた「三遠南信軽トラ市」を浜松市制100周年記念事業として開催しますので、ぜひお集まりいただきますよう、お願い申し上げます。