浜松市制100周年

明治44年に誕生した浜松市が、アクトシティ浜松大ホールにて、市制施行100周年記念式を開催しました。


浜松市制100周年



鈴木康友浜松市長の式辞から始まり、川勝平太静岡県知事など来賓の祝辞の後には「浜松市民憲章」の披露と「浜松市平和都市宣言」「浜松市歌斉唱」がありました。


政令指定都市でもある浜松市が次なる100年に向けて定めた「浜松市民憲章」は以下の通りです。



浜松市民憲章天竜川や浜名湖の豊かな自然が織りなす美しい浜松は、温かな笑顔と元気があふれるふるさとです。わたしたちは、この地に育まれ、共に行き、夢を追い続けてきました。ひとりひとりの幸せと、世界に広がる平和への願いを込め、かがやく未来に向けて、浜松市民憲章を定めます。

自然の恵みに感謝し、美しい郷土を未来につなぎます
 
ふるさとを誇り、歴史を伝え、伝統を受け継ぎます
 
志をもって挑戦し、新しい文化を創造します
 
すこやかな心を体で、たくましく生きていきます
 
ひとを思い、助け合い、共に生きる社会を築きます 
 



これは小中学校で読まれ続けるのか、どのように市民に浸透させるのか気になりましたが、特に言及はされませんでした。



ちなみに、浜松市の市の花は「ミカン」、市の木は「マツ」、市の鳥「ウグイス」だそうです。覚えておきましょう!



浜松市制100周年



記念品として、100周年の記念誌を始め、浜松市歌のCDなどが入った手提げをいただきましたが、記念誌は貴重な一冊になりそうです!



浜松市制100周年



最後に、JR浜松駅前では「出世大名家康くん」が市民に100周年を祝うPRイベントを開催していました。


今年は「100夢プロジェクト」で150の記念事業が繰り広げれますので、全国の皆さんと一緒に一年中盛り上げていきたいと思います。