ふぅ
今年の夏を迎える前に節電を確実に実践できる体制を整えなくては!

この記事はTwitterで流れてくるたくさんの格言・名言の中で、自分の心に「ピン」ときたものだけをリストアップしています。
  • 逆境、それはその人に与えられた尊い試練であり、この境涯に鍛えられてきた人はまことに強靱である。(松下幸之助) 
  • 情報は知識にあらず。(アインシュタイン) 
  • やり方のわかる目標は小さすぎる! あなたにとって、その目標を達成しても、成長する余地がないから。(ピーター・セージ)
  • 私たちは肩を寄せ合って生きています。だから、この世における私たちの第一の目的は、他人の役に立つことです。たとえ他人の役に立てない者でも他人を傷つけてはいけません。(ダライ・ラマ)
  • 一個人がいかに富んでも、社会全体が貧乏であったら、その人の幸福は保証されない。その事業が個人を利するだけでなく、多数社会を利してゆくのでなければ、決して正しい商売とはいえない。(渋沢栄一)
  • 神と人に感謝の気持ちを表す最高の方法は、すべてを喜んで受け取るということです。喜びは、愛に燃える心から自然に生まれるのです。(マザー・テレサ)
  • ある人に合う靴も、別の人には窮屈である。 あらゆるケースに適用する人生の秘訣などない。(カール・グスタフ・ユング)
  • 活発だからこそ退屈を感じる。なまけ者はさほど退屈を感じることがない。感性が高く活発な活動を求める精神を持っているからこそ、ふとした時間に退屈を感じるものだからだ。(ニーチェ)
  • 心の欲するままに生きる、というのが僕の哲学だ。それは木の葉が波にまかせているようなもの、どんな怒涛にもまれても浮いていられる。(森敦)
  • 0と1の間は1と99の間より広い。最初の一歩が次の一歩を生み、その積み重ねが「夢」を実現させる。(渡邉美樹) 
  • これからの頭の使い方は知識ではない。そこはコンピューターに任せておけばよい。やはり「発想」である。(大前研一)
  • 人には何度かチャンスがある。それに挑戦する人としない人の違いが、女神と握手できるかできないかの分かれ目です。(三田勝茂)
  • 自分への教育は自分の無知を認めることから始まる。(Stephen Coby)
  • 偉大な精神を持つ人は、常に、凡庸な考え方を持つ人に激しい反発を受けてきた。陳腐な先入観に盲目的に従うことを拒否し、勇気を持って正直に自分の意見を表明する人のことを、凡人は理解できない。(アインシュタイン)
  • 精神の自由をつかむためには 感情を野放しにしておくと、そのつどの感情が自分を振り回し、あるいは感情的な一方向にのみ顔と頭を向けさせ、結局は自分を不自由にしてしまう。(ニーチェ)
  • 人生はB級映画に似ている。 途中でやめようとは思わないが、二度と見ようと思わない。(テッド・ターナー)
  • 勝つことが全てではない。しかし、勝つこと以上のものはない。(ポール・ベア―・ブライアント)
  • お前が死んでも何も変わらない。 だが、お前が生きて、変わるものもある。(玄奘三蔵)
  • 思想だけがあって感情がなければ、人間性は失われてしまう。必要なのは知識でなく思いやりである。思いやりがなければ残るのは暴力だけである。(チャーリー・チャップリン)
  • 人生で一番の幸福は仕事と趣味が一致すること。その仕事に興味がもてなかったら早く足を洗う。(井深大)
前回と同様に、誰が言った言葉か判明しているものだけを掲載していますが、もし間違いなどありましたらご指摘いただければ幸いです。

また何か感じた言葉がありましたらコメントくださると幸いです。