浜松まちなか大市
今年のGWは浜松まつり開催中止!被災地復興支援事業を開催断行!

戦後の浜松市において「浜松まつり」が中止されるのは初めてのことです。また東日本大震災に対して「自粛ムード」に徹しているだけでは、本当の意味で継続的な支援は難しい…


そのような気持ちを「応援ムード」で行動(かたち)に変えようと、浜松商店会連盟に加盟する商店街地域は、5月3〜5日の3日間、東日本復興支援事業「浜松まちなか大市」を緊急企画として開催します!

  • 名称: 浜松まちなか大市(東日本大震災復興支援事業)
  • 日時: 2011年5月3日(火)〜5日(木)の3日間
  • 場所: 浜松まちなか(JR浜松駅から鍛冶町通りほか)
  • 内容:
    1)東北地方の食材で「復興鍋」振る舞い12:00〜16:00
    ・東北地方の地酒及び浜松の地酒の販売も行なう。
    ・岩手県/名利酒造「吟醸のしずく」×120本
    ・宮城県/石越醸造「澤の泉」×120本ほか
    ・福島県/末広酒造「純米吟醸末廣」×120本ほか
    2)けっぱれ東北!物産展11:00〜16:00
    ・茨城県・石岡商工会議所・東北各県の特産物など
    3)チャリティ・オークション・イベント12:00〜16:00
    ・浜松出身の著名人やジュビロ磐田のグッズを出品予定。
    4)地元農産品市(軽トラによる販売)4日9:30〜
    5)気持ちを形に!みんなで千羽鶴を折ろう!!4日13:00〜
    6)「春のうきうきエンジョイ広場」5日14:00
    7)東日本大震災パネル展
    8)その他のイベント

以上のような、東北物産展や、チャリティーオークション、復興支援セールなどを行い、売上の一部を大震災の義援金にしたり、先着100名様にPチケ300円分を進呈する緊急企画となっていますので、ぜひご協力ください。

浜松まちなか大市
JUBILOオークション
浜松軽トラ市

詳しい内容は5月2日の朝刊に新聞折込チラシにて!

  • 浜松で「まちなか大市」開催へ 5月3〜5日
    浜松商店界連盟(小野江隆会長)は5月3日から5日まで、東日本大震災の復興支援と地元経済の活性化を目的としたイベント「浜松まちなか大市」を、浜松市中心街で開く。震災の影響で中止となった浜松まつりに代わり、物産展や東北地方を代表する鍋料理の振る舞いなどで、大型連休中の浜松中心街をにぎわす。県内最大級の祭典、浜松まつりが取りやめとなり、中心街の商店の間で相応のイベントを開こうとの声が高まっていた。「自粛モードから経済活性化に向け動きたい」と小野江会長。浜松料理協同組合、浜松食品衛生協同組合をはじめ、地元の主な商業団体も協力することになった。鍋料理は「復興鍋」と題し三陸浜鍋と芋煮、すいとんを振る舞う。1日当たり500食ずつ用意し、食べた人に募金を求める。岩手、宮城、福島各県の地酒販売も行う。物産展は東北地方のほか、茨城県の石岡商工会議所の関係者も地場産品を販売。復興の思いを込めた千羽鶴作製、中心街175店による復興支援セールなどを実施する。午前11時から午後4時まで。各通りの歩道や旧百貨店「松菱」ビル周辺などで行う。小野江会長は「沈滞ムードの中心街に元気を取り戻すとともに、やらまいか精神を被災地に届けたい」と意気込む。

最後に、下記の通り、地域ブログで情報発信されています。感謝!

【運営ボランティア音楽出演者を募集】
民間主導で浜松市中心街活性化を目指す「浜松まちなかにぎわい協議会」は、「浜松まちなか大市」(5月3〜5日、同市中区の中心街)のボランティアスタッフと、音楽ステージの参加者を募集している。ボランティアはテントの設営や鍋料理の準備など。各日30人を募る。活動は午前10時から午後5時まで。今月27日までに申し込む。音楽ステージは毎日7組まで参加できる。1回の演奏は30分(2回出演可)。正午から午後4時まで。申し込み、問い合わせは同協議会事務局<電053(459)4320>へ。