小野晃司
 2011年4月27日(水)静岡新聞「この人」での掲載を紹介します!

実は「この人」には中学の時から立場を変えながら幾度か取材していただいてますが、今回は浜松商工会議所青年部(浜松YEG)の平成23年度会長としての掲載となりました。
  • 本年度の浜松商工会議所青年部会長に就任した。2005年に入会、昨年度は青年部副部長を務めた。サゴーエンタプライズ社長。44歳。
  • 就任の意気込みは
    「『夢』を語り『志』を行動(かたち)に変えよう!がスローガン。リーマン・ショック以降、震災もあって地域経済に停滞感があるが、青年部はいかなる時も立ち止まってはいけない。次世代の各業界のリーダーにふさわしい人材を輩出する組織にしていきたい。」
  • 何に取り組むか
    「三遠南信における浜松の役割を研究し、市に政策提言したい。11月上旬には街中で市制100周年を祝うイベントを予定している。その中で100台規模の軽トラ市や若手後継者向けの講演会などを計画している。」
  • 中心街のにぎわいづくりに対する考えは
    「昔の買い物中心の姿に戻すのは難しい。文化度の高い施設を集積し、若い世代が思い出を残せる街になれば、Uターン就職にもつながる」
  • 休日は家族と外食したり、犬の散歩をしたりして息抜きする。

こうしてみると実に短い内容ですが、それでも読みやすくなるように段落ごとに整理してあります。

この記事を見てメールや電話の連絡をしていただいた皆様、そして何より取材をしてくださった静岡新聞社に感謝申し上げます。

Mirrored by 浜松商工会議所青年部(浜松YEG)公式サイト