フランクフルト広告
▲人がぶら下り人の目を引くフランクフルト空港の斬新な看板広告。

この記事はTwitterで流れてくるたくさんの格言・名言の中で、自分の心に「ピン」ときたものだけをリストアップしています。
  • 孤独になる事も、淋しくなる事も、誰にも理解されない事も、それは思うように生きる事の代償なのかもしれない。(尾崎豊)
  • 友人に本心を伝えることは、二つの相反する結果をもたらすということである。それは喜びを二倍にし、悲しみを半分に切りつめるからである。(フランシス・ベーコン)
  • 知るとは、単に知識によって理解するのではなく、体得してはじめて知ったことになる。(松下幸之助)
  • 世の中というものは、自分のためばかり考えていると、結局は自分のためになっていないことが多い。人のためだと思ってやったことが、まわりまわって自分のところに帰ってくるものだ。(越後正一)
  • 正しいという字は「一つ」「止まる」と書きます。どうか一つ止まって判断できる人になって下さい。(坂本金八)
  • 夢はひとりの夢ではなく、多くの人と共有ができた時にとてつもない力を発揮する。たくさんの人の想いの力で、僕は一体どこまで登ることができるんだろう。(栗城史多)
  • 下足番を命じられたら、 日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。(小林一三)
  • 新しいものを考えついた人も、それが成功するまではただの変人にすぎない。(マーク・トウェイン)
  • 本当に幸福になれる者は、人に奉仕する道を探し求め、ついにそれを見出した者である。これが私の確信である。(アルベルト・シュバイツァー)
  • 新しいものを考えついた人も、それが成功するまではただの変人にすぎない。(マーク・トウェイン)
  • 金が尊いのは、それを正しく得ることが難しいからである。さらに正しく得たものを正しく使うことが難しいからである。(アンドリュー・カーネギー)
  • 成功者たちの共通点は、成功していない人たちの嫌がることを実行に移す習慣を身につけているということである。(コヴィー)
  • どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま、現在に最善を尽くすことである。(松下幸之助)
  • 絶望的な状況というものはない。人が状況に対して絶望的になるだけだ。(クレア・ブース・ルース)
  • 飛行機は飛び立つ時より着地が難しい。人生も同じだよ。(本田宗一郎)
  • 野心とは、己一代で何かを成し遂げようとする願望。志とは、己一代では成し遂げ得ぬほどの素晴らしき何かを、次の世代に託す祈り。(田坂広志)
  • いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、いやしくも弱気を発してはいけない。たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ。(司馬遼太郎)
  • 大切なことは問題を見つける能力、それをあきらめずに解決する能力、それ自体を楽しめる能力、そして、柔軟性。(利根川進)
  • 私たちは他人の作った服を着て、他人のつくった言葉をしゃべり、他人が創造した数学を使っています。つまり私たちは常に何かを受け取っているということです。そしてその人間の経験と知識の泉に何かをお返しができるようなものを作るのは、すばらしい気分です。(スティーブ・ジョブズ)
  • 問題の分析によって解決案が一つしか見つからなければ、その解決案は、先入観に理屈をつけたにすぎないものと疑うべきである。(ドラッカー)

前回と同様に、誰が言った言葉か判明しているものだけを掲載していますが、もし間違いなどありましたらご指摘いただければ幸いです。

また何か感じた言葉がありましたらコメントくださると幸いです。