静岡新聞
「浜松まちなか軽トラ市」はモール街にて1月22日(土)9:30から!

軽トラ市は、浜松市の近辺では、新城市で定期開催されるほか、掛川市でも人気のあるユニークな事業ですが、初めて企画して、まず驚いたのが浜松初開催であるにもかかわらず出店希望が非常に多いことです。

軽トラ市チラシ
  • 名称: 「浜松まちなか軽トラ市 in モール街」
  • 日時: 2011年1月22日(土)9:30〜12:30
  • 場所: 浜松市モール街にて
  • 連絡: 053−455−3535 事務局(サゴー)
軽トラ市場所

コンセプトなどは、プレスリリースにより、マスコミ各社に注目していただいていますので、そちらの記事で説明とさせていただきます。
  • 「22日の軽トラ市、概要説明 浜松市長に実行委メンバー」 静岡新聞 2011/01/19
    浜松市中心部の商店街「モール街」で22日開催予定の「まちなか軽トラ市」の実行委員会メンバーが18日、市役所で鈴木康友市長に概要などを説明した。市役所を訪れたのは、実行委員長を務める小野晃司サゴーエンタプライズ社長や市内のNPO、農業団体の関係者らメンバー5名。小野実行委員長は「市民に街中へ足を運んでもらうのが一番の目的。3月まで月1回開催して人出などを見た上で、4月以降も継続できれば」と話した。軽トラ市は午前9時半から始まり、軽トラック31台の荷台に積んだ農作物などを直売する。浜松市をはじめ県西部地域のキャベツやニンジン、ハクサイ、浜名湖の海産物などのほか、愛知、長野各県の農作物も出品する。 
  • 「三遠南信からも新鮮野菜 22日に軽トラ市 中区・モール街に31台」 中日新聞 2011/01/19
    浜松市中区のモール街で、地場野菜や加工品の生産者が軽トラックに生産物を載せて集まり、消費者に直接販売する「軽トラ市」が開かれる。初回の22日は、鍛冶町大通りから平田通りまでの間に、市内や愛知、長野県から、特産品を載せた31台の軽トラが集結する予定だ。同市や三遠南信地域の豊富な地場産品を産地直送で提供することで誘客を図り、中心市街地の活性化につなげるのが狙い。キャベツやハクサイ、ダイコンといった野菜や水産物の直売の他、ハンバーグや五平餅の調理販売も計画されている。同様のイベントは全国的に広がっており、浜松市周辺では掛川市や愛知県新城市などで行われた。浜松市では初の試みだ。直売のため、価格も通常より低めという。18日に市役所に鈴木康友市長を訪ね、企画を説明した小野晃司実行委員長(サゴーエンタプライズ社長)は「初めての開催だが、新年度以降も継続できればいい。既存の店舗も一緒に外に出て活動するよう呼び掛けていければ」と話した。2回目は2月12日、3回目は3月12日で、3日とも開催時間は午前9時半〜午後0時半の予定。 
中日新聞

今後の予定は以下の通りです。
  • 2011年1月22日(土)9:30〜12:30
  • 2011年2月12日(土)9:30〜12:30
  • 2011年3月12日(土)9:30〜12:30
場所は全てモール街です。

4月以降は未定ですが、毎月第2土曜日に継続開催していく前提で3回を実施し、改善すべき点を洗い出して、改めてプレス発表します。

そして、個人的には「浜松市制100周年の今年は三遠南信地域から総勢100台の軽トラを集結させたい!」という熱い思いがありますので、3月までの3回を成功させる意気込みで取り組ます!

ぜひ産地直送の特産品をお買い求めいただくだけでなく、軽トラックがズラッと並ぶ風景を楽しむだけでも街中にお越し下さい!

お待ちしております m(__)m