コカコーラ広告
▲高松市のとある駐車場にコカコーラの広告が!こういうのいいなぁ…

この記事はTwitterで流れてくるたくさんの格言・名言の中で、自分の心に「ピン」ときたものだけをリストアップしています。
  • 最終的に人が必要とするのは、知恵ではなく覚悟かもしれない。(須藤元気)
  • 恐れるべき競争相手とは、あなたを全く気にかけることなく、自分のビジネスを常に向上させ続ける人間のことを言う。(ヘンリー・フォード)
  • 人生でもっとも豊かな体験は、他人からの承認を声高に求めているときではない。自分の内なる声に耳を傾けて、意義あることに取り組んでいるとき、それに没頭しているとき、大きな目的のためその活動に従事しているときだ。(ダニエル・ピンク)
  • 起業する、事業を起こすということは、単なる金儲けをするのとは違う。自分のやりたいことを実現するだけなのとも違う。自分のできることで、資源で、そんな彼らに少しでも役に立つ価値を提供する仕組みを作るということなのよ。(渋井真帆)
  • 実は、本当に行うべきことは優先順位の決定ではない。優先順位の決定は比較的容易である。集中できる者があまりに少ないのは、劣後順位の決定、すなわち取り組むべきでない仕事の決定と、その決定の遵守が至難だからである。(ドラッカー)
  • 人間は敵がないと力が出せない。敵がなくなると、攻撃の矛先を自分自身に向ける傾向がある。病理学的にも、すでにいくつかの承認された症例もある。敵のないことは敵のあることに比べて、はるかに危険で、自滅の怖れがある。(外山滋比古)
  • 忘れたときは、忘れるべきものだったと思うのが良い。 だいたい、それで正解である。(森 博嗣)
  • 重要なのは誰を知っているかじゃない。誰があなたを知っているかだ。(ダン・ショーベル)
  • 闇があるから光がある。そして闇から出てきた人こそ一番ほんとうに光の有難さが分かるんだ。(小林多喜二)
  • 私は運というものを強く信じている。そして運とは努力するほど増すものだと思う。( トーマス・ジェファーソン)
  • 世に蔓延する「悩みごと」は、大きく二つにわけることができる。一つはどうでもよいこと、もう一つはどうにもならぬことである。そして両者は苦しむだけ損であるという点では変わりはない。(森見登美彦)
  • 決断は、買えない。お金は、何を買えるようになるかは教えてくれても、何を買うべきかは教えてくれないのです。(小飼 弾)
  • あなたが、もし今ピンチに陥っていたとしたら、それはもっと人間的に成長するステージに来ているからです。「問題はすべて解決策と共にやってくる」「ピンチは、必ず新しい人との出会いを持ってきてくれる」(本田 健)
  • 知ったかぶりをすることは「教えてもらうチャンスを逃す」ということなのです。素直に知らないと言えば教えてもらった知識を、自分の小さな見栄のために逃してしまう。(本田直之)
  • 「忙しい、忙しい」と言っている人は、実は客観的に見て忙しいわけではなく、時間を思うように扱えないストレスを感じているだけなのです。つまり時間に使われているのです。(小宮一慶)
  • 人間の感情は伝染するものなので、自分が幸せであるためには周囲の人も幸せでないとなかなか難しいのです。(本田直之)
  • できない理由を探すから、不可能に思えるのだ。できる理由を探していけば、不可能を可能にする方法が必ず見えてくる。(三木谷浩史)


前回と同様に、誰が言った言葉か判明しているものだけを掲載していますが、もし間違いなどありましたらご指摘いただければ幸いです。

また何か感じた言葉がありましたらコメントくださると幸いです。