クリスマス
浜松市にお越しの際には夜間営業のウィンター・イルミネーションを

ご覧いただきたい、宿泊とのセットプランが何故売れないのか、と日頃からホテルのスタッフと話しているのですが、実はウィンターイルミネーションには行くことがありませんでした。

浜松市フラワーパーク

12月23日(木)は、浜名湖遊覧船の星空クルーズがあったため、待機時間に見学するチャンスに恵まれたので写真で紹介します。
正面ゲートをくぐると動物などのトピアリーが電飾されています。

ウィンターイルミネーション

遠くに見える温室を目指して歩いて行くと左右にはポツリポツリと…

ウィンターイルミネーション

正直言って「なばなの里」を経験すると物足りなさを感じます…

はままつフラワーパーク

温室ではポインセチアをふんだんに使ってクリスマスムードいっぱい!

クリスマスツリー

クリスマス

ナイトコンサートをやっていてステージにはサンタさんがたくさん☆

クリスマスイベント

全体的にハウスに人が集まってイベントに参加している感じですし、通路も世界のクリスマスを紹介するような感じもありました。

浜松市フラワーパーク

外に出ると満月が神秘的な雰囲気を醸しだしていましたが、もう少し観光客で溢れることを切に願います。

イルミネーション

昨年開催された浜名湖園芸花博(モザイカルチャー)で浜松市出展した造形を残しています。

はままつフラワーパーク
 
2010年は12月3日(金)から開催されているようですが、2011年は1月16日(日)までとなっていますので、詳細については、下記のホームページでチェックしてからお越しいただくことをオススメします。

illumination2010

話によると、来年は使用するLEDの数もかなりグレードアップしたイルミネーションにするそうですので、楽しみにしたいと思います。

これだけの環境がありながら「なばなの里」や「時之栖」のように驚くばかりの観光客の施設もあるのですから、浜松市も積極的に支援をして欲しいですね…
23日(木)ですので、もう少しカップルがいるかと思いましたが…

かなり寒かったので、外出する気持ちに影響あったかもしれません…

それでも、家族などは写真を撮影していましたし、歩く動線を意識してストーリー性を高めるとか、音響を活かしたエンターテイメント性で感動的な仕掛けをして、告知方法を演出していけば、なかり喜ばれる観光スポットになると確信します!