はやぶさ展
3日間の特別展示ですが2日目に入場者数1万人を突破しましたね!

密かに宇宙が大好きなので過去にもこんな記事を書いています。


さて、本論に入りますが、昨日は、アクトシティ浜松の展示イベントホールで開催中の【おかえり『はやぶさ』帰還カプセル 特別展示 in 浜松】を見てきました。

  • 期間: 2010年12月17日(金)〜19日(日)
  • 時間: 9:30〜20:00(最終日は17:00まで)
  • 会場: アクトシティ浜松 展示イベントホール
  • 料金: 200円(大人・小人同額)
次に、「はやぶさ」に関する知識は専門知識がないでできませんので、下記リンクを紹介しておきます。

さて、実際の会場の模様は、カプセル展示など撮影禁止ですが、雰囲気だけでもお伝えしたいと思います。

入場料は200円。入場券は栞。30分間隔で整理券が渡されます。

はやぶさ展

会場前はやや混雑気味でしたが整理券のお陰で整然としていました。

はやぶさ展

1時間後の入場だったためサゴー浪漫館でランチを食べて時間調整。

はやぶさ展

時間に会場に戻ると整理券を見せるだけでドンドン入れます。

はやぶさ展

右手に大型スクリーンで、左手に展示スペースへ誘導されていきます。

はやぶさ展

カプセル展示の前後空間ではこうしたパネルが知識を与えてくれます。

はやぶさ展

はやぶさ展

はやぶさ展

はやぶさ展

YAC(日本宇宙少年団浜松分団)の興味深い展示がありました!

はやぶさ展

はやぶさ展

「はやぶさ」に関連するニュースの年表や新聞記事の拡大クリップも…

はやぶさ展
 
はやぶさ展

実物大のレプリカの前にはたくさんの家族が写真撮影していました!

はやぶさ展

撮影禁止のスペースには「はやぶさ」帰還カプセルが展示されてます。

201012190921000

以上ですが、浜松ホトニクスなど、浜松市内の企業による航空宇宙技術の紹介コーナーなどがあり、これからの浜松市は宇宙産業に関わりを深めていくことが不可欠だと思います。

この辺の話は、改めて記事にできればと思います。

まずは、本日(19日)17時まで開催していますので、お時間がある方は日本の宇宙科学技術の成功の軌跡を目で確かめてくださいね〜!


おすすめ動画【宇宙ヤバイ】








探査機はやぶさ7年の全軌跡―世界初の快挙を成し遂げた研究者たちのドラマ (ニュートンムック Newton別冊)探査機はやぶさ7年の全軌跡―世界初の快挙を成し遂げた研究者たちのドラマ (ニュートンムック Newton別冊)
ニュートンプレス(2010-07-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

はやぶさと宇宙の果てを探る (洋泉社MOOK)
はやぶさと宇宙の果てを探る (洋泉社MOOK)
著者:二間瀬 敏史
洋泉社(2010-08-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る