名言・格言・言霊

2011年の荒了寛カレンダーが届いたので、今年最後の言葉として紹介したいと思います。


普通の人は
普通に生きているのが
いちばん幸せです
しかし
何事もなく
普通に生きていくのが
いちばん難しい



ホントにそうです…

でも「普通」というのが、どういう意味なのでしょうか!?



スズキの鈴木修会長の言葉だったと思いますが

「不況」も実は「普況」である
「不況」を悪いと思わず「当たり前」と思うこと

という表現に学べば…

「ありのまま」に受け入れる
ことができれば「幸せ」で
人はそれがなかなかできないから
「幸せ」に気づかない

つまり

いつでも「いま」を「ありのまま」に
受け入れる「自分」がいれば「幸せ」!

と解釈できるのかもしれませんね!



少し早いですが、2010年も多数のご愛読ありがとうございました。

2010年の記事はこれを最後にさせていただきたいと思います。

みなさま、それぞれ良い2011年をお迎えくださ〜い!!




ちなみに…

2011年カレンダーですが、こちらで購入しました。

カレンダーが売り切れでしたら、日めくりカレンダーがオススメです!

このブログを読んでくださる知人などから購入先を聞かれたりしますので、この場をお借りして紹介させていただきました。