IMG_1685
▲浜松餃子まつり2010には朝からたくさんの人が来ていましたね!

この記事はTwitterで流れてくるたくさんの格言・名言の中で、自分の心に「ピン」ときたものだけをリストアップしています。
  • 自分がしてほしいと思うことを人に施す努力をせよ。もし相手がそうしてくれなくても、がっかりする必要はない。あなたが相手をがっかりさせるよりはずっといい。(ジェームズ・スベンソン)
  • ウイスキーの仕事は私にとっては恋人のようなものである。恋している相手のためなら、どんな苦労でも苦労とは感じない。むしろ楽しみながら喜んでやるものだ。(竹鶴政孝)
  • ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし誰かと見る夢は現実だ。(オノ・ヨーコ)
  • 「そんな馬鹿なことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はほとんどいない。(ラリー・ペイジ)
  • デザインの語源は「削る」という意味である。不要なものを消して、最適なものを選ぶことだ。けっして「足して飾る」ことではない。(森 博嗣)
  • 取材の中で、感銘を受けた言葉がある。「やっておけばよかった人生と、やっておいてよかった人生は、言葉にすれば、ちょっとの差かもしれないが、結果としては大きな差になる」というものだ。(田中和彦)
  • 私は想像を自由に描けるという点でアーティストだといえる。想像は知識よりも重要だ。知識は有限だが、想像は世界を包み込む。(アインシュタイン)
  • 強い人が勝つとは限らない。すばらしい人が勝つとも限らない。私はできる、と考えている人が結局は勝つのだ。(ナポレオン・ヒル)
  • 小鳥が初めて飛ぶことを覚えるのは、強い兄弟に押し出され巣から落ちたときだ。(中谷彰宏)
  • 練習しすぎると、練習だけで人生が終わってしまう。(中谷彰宏)
  • 人生は、流しソウメンのようなもの。様子を見ているうちに、あなたの人生が逃げて行く。(中谷彰宏)
  • きみの立っているその場所を深く掘り下げてみよ。泉はその足もとにある。ここではないどこか遠くの場所に、見知らぬ異国の土地に、自分の探しているもの、自分に最も合ったものを探そうとする若者のなん多いことか。(ニーチェ)
  • ときには、遠い視野というものが必要かもしれない。たとえば、親しい友人らと一緒にいるときよりも、彼らから離れ、独りで友人らのことを想うとき、彼らはいっそう美しい。音楽から離れているときに、音楽に対して最も愛を感じるように。(ニーチェ)
  • 自分にとって、ほんとうに大事なことってなんだろう。自分にとって、ほんとうに大切な人って誰だろう。このふたつを、本気で思っているだけで、いい人生が送れるような気がする。(糸井重里)
  • 他人をあれこれと判断しないこと。他人の値踏みもしないこと。人の噂話もしないこと。あの人はどうのこうのといつまでも考えないこと。そのような想像や考えをできるだけ少なくすること。こういう点に、良き人間性のしるしがある。(ニーチェ)
  • 運のいい人たちは、未知のチャンスを歓迎し、経験のないことにも積極的に挑戦します。よく知らないジャンルの本を積極的に読み、あまり知られていない場所を旅し、自分とは違うタイプの人たちとつきあおうとします。(ティナ・シーリグ)
  • 金がないから何もできないという人は、金があっても何もできない。(小林一三)
  • 人を育てるには、その人の長所を徹底的に伸ばすのがよい。短所を見つけてそれを矯正しても、努力のわりに効果が少ない。長所がさらに伸びれば短所は薄まる。(田中武)
  • あれになろう、これになろうと焦るより、富士のように、黙って、 自分を動かないものに作りあげろ。(宮本武蔵)
  • これから求められるのは、ただ読むだけではなく、書く能力。(小飼弾)
  • 勝とうが負けようがどっちでもいい。平気なんだ。勝って結構、負けて結構。ただ、完全燃焼、全力を尽くす。ぼくはそういう主義を貫いている。(岡本太郎)
  • よく学ぶ人というのは、頭がいい人なのではなく、どんな場面、どんな人からも、学ぶべきところを見つけ出す才能のある人なのです。どんどん師匠を見つけていきましょう。(小山龍介)
前回と同様に、誰が言った言葉か判明しているものだけを掲載していますが、もし間違いなどありましたらご指摘いただければ幸いです。

また何か感じた言葉がありましたらコメントくださると幸いです。