浜松ギョーザ
いま人気の浜松餃子ですが、社内では旅のお土産になる商品を開発中!

ということで、今日は、お土産としてお持ち帰りができる浜松餃子(冷凍15個)を、ご自宅で、誰でも美味しく焼ける方法を整理します。

【用意するもの】

  • フライパン(できれば30センチのテフロン加工)
  • フライパンの蓋(できれば透明が良い)
  • お湯(150cc)
  • ゴマ油(少量)なければサラダ油
【美味しい餃子の焼き方】
  • フライパンに、冷凍まま餃子を適度に離して並べます。

浜松ギョーザ

  • 中火のまま150ccのお湯を入れ、蓋をして、5分くらい焼きます。
浜松ギョーザ
  • 餃子の底が「きつね色」になってきたら(パチパチ乾いた音がしてきた時が目安)、蓋を開け、弱火にして蒸気をとばします(このときお好みでゴマ油を少量たらすと風味が増します)。
浜松ギョーザ
  • 全体的に水分がなくなったら火を止め、大きめのお皿をがぶせてフライパンごとひっくり返します。
浜松ギョーザ
  • もし「茹でたもやし」があるようでしたら、真ん中に盛ると、浜松餃子らしくなります。
浜松ギョーザ

この焼き方は、浜松駅近くにある「珊瑚茶屋」の浜松餃子マニュアルを取り入れていますので、美味しさは実証済みです!

そして、お土産もしくは通販の冷凍餃子でも、有名店に負けない品質の餃子を美味しく焼ける方法を、箱の中に「虎の巻」として入れるために、何度も何度もプロトタイプ(試作品)を焼いて食べました。

正直言って、浜松駅で得られている浜松餃子など、あらゆる浜松餃子を食べてきましたが、今回の餃子は家族も「うまい!」と絶賛してくれたので自信作となりそうです。

でも今回は、ちょっと焦げ目が強いかもしれません(笑)

この続きは、新商品が完成した段階でお伝えしたいと思いますので、楽しみにしてださい♪

マンガ 餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?マンガ 餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
著者:武井 宏文
販売元:ダイヤモンド社
発売日:2008-04-18
おすすめ度:4.5
クチコミを見る