青春とは

サミュエル・ウルマンの詩は部分的に聞いたことはありますが、


  • 人は信念とともに若く、疑惑とともに老いる。
    人は自信とともに若く、恐怖とともに朽ちる。

    青年は希望とともに若く、失望とともに朽ち果てる。

    つまり、
    信念、自信、希望を持つ限り、その人は永遠に若く、
    疑惑、恐怖、失望が生まれたら、年齢によらず人は老いる。

    若さとは、精神のあり方で、肉体的な年齢ではないのである。

    青春とは、心の若さである。 (角川文庫)



大変意味深いものがあります。



Wikipediaでは

  • サミュエル・ウルマンSamuel Ullman, 1840年 - 1924年)は、アメリカ合衆国の実業家、(詩人、教育者)。ドイツ・ヘッヒンゲン (de:Hechingen) の生まれ。ユダヤ系ドイツ人であったため、迫害を避けアメリカへ渡る。 アラバマ州バーミングハムに住み、荒物商を営みながら執筆を続けた。80歳の記念に自費出版した『80歳の歳月の高見にて』に収められた詩"YOUTH"(青春)は名高い。この詩は第二次世界大戦後、アメリカの雑誌リーダーズ・ダイジェストに掲載され、連合国総司令官を務めたダグラス・マッカーサー元帥が座右の銘として執務室に掲げたことから、日本でも知られるようになった。経済界の先に立つ人物の間では古くから有名で、松下幸之助も座右の銘としていたと言われている。



と書かれており

長い間、偉大なる経営者の座右の銘として親しまれている詩であることがわかりました。


ここで、ご存じない方も多いと思いますので、サミュエル・ウルマンの詩「青春とは」を改めて全文を掲載します。



青春とは人生の一時期のことではなく心のあり方のことだ。

若くあるためには、創造力・強い意志・情熱・勇気が必要であり、安易(やすき)に就こうとする心を叱咤する冒険への希求がなければならない。

人間は年齢(とし)を重ねた時老いるのではない。理想をなくした時老いるのである。

歳月は人間の皮膚に皺を刻むが情熱の消失は心に皺を作る。

悩みや疑い・不安や恐怖・失望、これらのものこそ若さを消滅させ、雲ひとつない空のような心をだいなしにしてしまう元凶である。

六十歳になろうと十六歳であろうと人間は、驚きへの憧憬・夜空に輝く星座の煌きにも似た事象や思想に対する敬愛・何かに挑戦する心・子供のような探究心・人生の喜びとそれに対する興味を変わらず胸に抱くことができる。

人間は信念とともに若くあり、疑念とともに老いる。

自信とともに若くあり、恐怖とともに老いる。

希望ある限り人間は若く、失望とともに老いるのである。

自然や神仏や他者から、美しさや喜び・勇気や力などを感じ取ることができる限り、その人は若いのだ。

感性を失い、心が皮肉に被われ、嘆きや悲しみに閉ざされる時、人間は真に老いるのである。

そのような人は神のあわれみを乞うしかない。




最後に、卒業式や送別会で使えるフレーズでもあり、私もいつか使えるときが来るかもしれない、このブログでサミュエル・ウルマンの言葉を一人でも多くの方にお伝えしよう、と思い掲載させていただきました。