等身大ガンダム
いよいよ7月24日(土)JR東静岡駅前に等身大ガンダムが登場

することが決定しましたね!
東静岡駅前ガンダム像 進化した姿で7月から展示(中日新聞) JR東静岡駅前の市有地に7月から展示される実物大「ガンダム像」(高さ18メートル)は、新たに武器の「ビームサーベル」を手に持つなど、昨夏に東京・お台場で設置された像から“進化”を遂げて登場することになった。玩具メーカー「バンダイ」(東京都台東区)が19日、都内で開いた記者会見で明らかにした。  像の展示期間は、7月24日から来年3月27日まで。1月10日までの夜間、像をライトアップする。会見で同社の上野和典社長(チーフガンダムオフィサー)は「ガンダムの進化した姿を静岡で見せられる」と自信を込めた。  ビームサーベルのほか、新たに像の表面も金属の光沢を感じさせるよう塗装するという。展示はアニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデルが発売から30年を迎えるのを記念した「ガンプラ30周年プロジェクト」の一環。  同社は初・中級者向けの「ハイグレード(HG)」など、難易度別に3種類のプラモデルを販売している。  7月27日には、より精密さを追求してファンを喜ばせる「リアルグレード(RG)」を追加発売。それに合わせた形で静岡のガンダム像も、お台場の「初期型」からリニューアルする。  同社によると、お台場の展示は約415万人を集めて大盛況だった。受け入れ側の静岡市もその人気にあやかるもくろみだ。移設費を含めて約8億5000万円をかけて「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」と銘打ったイベントを像の周囲で行う。会見に同席した小嶋善吉市長は「ガンダムで静岡市がにぎわう」と、ほおが緩みっぱなしだった。(加藤隆士)
昨年末にも記事を書きましたが… まずは小嶋市長よくやった!という印象です(^з^)-☆
実物大ガンダム その後 お台場から静岡へ移設が決定
とにかくお台場での展示が400万人を超えた大人気イベントだっただけに「その後」として全国的にも注目されることは間違いなさそうです。 ガンダム静岡
今回の展示では、新たに武器の「ビームサーベル」を手に持つそうですから、お台場に行った方も改めて見たくなる仕掛けになっていますし、静岡の場合は、東海道新幹線から見えることになりそうです☆ そして観光業として、展示期間が2010年7月24日から2011年3月27日までと比較的長いため、バンダイの工場見学ツアーを組んだり、海外からのインバウンドが増えれば富士山静岡空港の搭乗率アップに寄与するかもしれませんね! 「模型の世界都市 静岡ホビーフェア」などのイベント情報をもっと調査して、しっかりセールスできるように整理いたします(^^)v

バンダイホビーストア
_V189331771_