浜名湖遊覧船40周年
地域の皆さんと浜名湖遊覧船40周年を祝いました…感謝です!

この日は浜名湖遊覧船が構想している事業コンセプトである「感動体験シリーズ」を地域にモニターを募ったところ

「2月から40周年であれば新たな船出という意味で簡単な式典を行いましょう」

という提案があり実現しました。

浜名湖遊覧船のスタッフに確認しても、過去に周年を祝ったことがないとのことで、少し大げさかとは思いましたが、サゴーグループになったこと、そして地域一丸となって、これから事業を開催していく決意を表明する機会として、2月8日18時から開催させていただきました。

浜名湖遊覧船遊覧船が40周年 - 舘山寺港 節目祝いテープカット - 中日新聞 2010/02/07
浜名湖で観光遊覧船事業を展開する浜名湖遊覧船の創業40周年式典が6日夕、浜松市西区の舘山寺港であった。地元観光業者ら50人が見守る中、記念のテープカットを行い節目を祝った。同遊覧船の親会社で、浜松市内でホテル・飲食店などを展開するサゴーエンタプライズの小野晃司社長が「船上での感動体験を浜名湖観光の目玉にしようと、従業員も張り切っている。地域一丸となってさらに発展させたい」とあいさつ。来賓で舘山寺観光協会の金原貴会長は「遊覧船は浜名湖になくてはならない観光素材」とエールを送った。同遊覧船は1970年2月に設立。湖内2航路を2隻で営業していたが、利用者の減少から親会社の伊豆箱根鉄道が昨年5月に撤退を表明。同11月にサゴーが経営を引き継いだ。小野社長は「次の10年に向かってより魅力を引き出したい」と強調。3月から順次、花見や星空観察、はえ縄見学などのクルージングを実施していく。

同じく毎日新聞は、式典の後に実施した「冬の花火クルーズ」にいて掲載していただきました。ありがとうございます。

冬の花火クルーズ 浜名湖で試験運航 - 毎日新聞 2010/07/07
浜名湖の冬の花火を船上から眺める「冬の花火クルーズ」の試験運航が6日行われた。浜名湖遊覧船(浜松市西区)が企画。同社は今夏から浜名湖周辺の花火を湖上から楽しむ「花火クルージング」をスタート、新しい観光の目玉として売り出す。この日は同社や舘山寺温泉観光協会の関係者ら約50人が舘山寺港から乗船し、約30分かけて花火会場の奥浜名湖に移動した。スターマインや水中花火など約100発芽夜空と湖面を照らし出した。船上からは大きな歓声が上がった。同社は花火クルーズの他、お花見クルーズや星空観察クルーズなども実施する予定。(小玉沙織)

冬の花火クルーズ

とにかく雪がパラつく中での事業は、元旦の「初日の出クルーズ」を思い出しますが、今回は「冬の花火クルーズ」ということもあり風の強さとかデッキでの滞在時間など不安もありました。

浜名湖遊覧船40周年

それでも地元住民、舘山寺温泉観光協会浜松市観光コンベンション課浜松観光コンベンションビューローなど多数の参加で実験事業を行うことができました。

浜名湖遊覧船40周年

サゴーグループのスタッフが事業趣旨の説明など積極的に活躍してくれ、レストピア山崎さんのお弁当を食べながら目的のポイントへ。

浜名湖遊覧船40周年

今回はホテルリステル浜名湖さんの花火を観覧する企画でしたので、かなり遠目になってしまったことと、待機時間が長く、寒い中で辛抱が必要でしたが、最後にはスターマインなど盛大な花火を楽しむことができたので、今後の事業展開の可能性を確認できました。

浜名湖遊覧船40周年

浜名湖遊覧船は、通常は定期航路に定められた時間に運行をしていますが、平成22年度には以下のような「感動体験クルーズ」をテーマにした企画を展開してきます。

■桜花見の観覧クルーズ
    ・2010年3月26日〜4月11日    (毎日)
■浜名湖ネイチャークルーズ
    ・2010年4月下旬〜5月上旬    (数回) 星空観察
    ・2010年8月上旬〜8月下旬    (数回) 水質観察
■延縄漁見学クルーズと競り体験
    ・2010年4月中旬〜6月下旬    (数回)
■夕涼みミュージック&花火クルーズ
    ・2010年8月1日〜8月29日    (毎日)
■浜名湖周辺の花火大会観覧クルーズ
    ・2010年8月上旬〜8月下旬    (数回)
■冬の花火ナイト観覧クルーズ
    ・2011年2月第1土曜日        (1回)

それぞれ一般募集をかけていきますが、滞在型の浜名湖観光圏を形成するための重要なツールとして

・船でしか行けないルート(航路)
・船でしか見れないビュー(景色)
・船ならではのコンテンツ(体験)

を地域一丸となって、浜名湖の魅力を最大限に引き出す企画の開発と実践を繰り返していきますので、ご支援をお願いします。

★追記★

静岡新聞さんも記事掲載していただきました。ありがとうございます。

冬の花火クルーズ運航 浜名湖遊覧船40周年を記念 - 静岡新聞 2010/02/10
浜名湖で遊覧船を運航している浜名湖遊覧船(小野晃司社長)はこのほど、同遊覧船の創立40周年を記念した式典と夜の花火クルーズを行った。浜松市西区舘山寺町の船乗り場で行われた式典では、小野社長が「この船でしかできない感動体験を観光客に次々と提供していきたい」とあいさつ。舘山寺温泉観光協会の金原貴協会長は「観光協会でも遊覧船を使った観光客誘致を推進していきたい。今日はその第一歩です」と話した。関係者のテープカット後、地元宿泊施設や観光施設関係者など乗客50人を乗せ出航した船は、30分ほどかけ北区三ヶ日町沖の猪鼻湖に到着。乗客たちは、夜空と暗い湖面に生えるスターマインや手筒花火など約45分にわたる光のショーを笑顔で楽しんだ。浜名湖遊覧船では、ソメイヨシノが開花する3月下旬から、季節に合わせた各種クルーズを計画している。

冬の花火クルーズ

写真のように、湖面に映る花火はとてもキレイで、みなさん寒い中で、懸命に写真を撮り続ける後ろ姿が印象的でした(笑)