年賀状
湯布院からきた年賀状を読んで久しぶりに心にグッときました〜!

紹介したいのは、上の写真ではありません(笑)!

紹介したいのは、その下に書かれた手描きのメッセージです。


幸せは 人に連鎖するもの
忙しい時こそ 丁寧に
苦しい時ほど 楽しんで
それが 一流 だよ!


この年賀状の差出人は

由布院温泉で活躍する草庵秋桜新江憲一さんです。


新江さんと出会ったのは

浜名湖えんため」草創期だったと記憶しますが

その後も、私が旅館組合青年部の静岡県部長を務めたときに

イタリアから帰ったばかりでも、舘山寺に来て講演してくれたり

夜中まで「観光まちづくり」について熱心に話をしてくれたりと

私にとって影響力のある方です。


2008年の湯布院映画祭に行った時のことは

このブログで紹介したことがありますので

湯布院映画祭 (動画)」をご覧いただければと思います。


ここで映画祭の動画をちょっと御覧ください。

ここで注目して欲しいのは

動画で料理が並んでいる向こう側にいる料理人の数です。


これが新江さんの「観光まちづくり」のあるべき姿を示した

「リーダーシップ」だと理解しています。


由布院という名前を全国で有名にするための活動を

経営者や営業や接客より、むしろ

料理人こそ最前線で活躍すべき、という「信念」が

こうした映画祭などでも具現化されているわけです。


単に由布院が有名な温泉観光地ということで

人気があるのではなく

コツコツと積み上げてきた成果が現在であると

いつも話してくれますが

こんな人気がある温泉地なのに… なぜ?

と不思議に思うくらいに、危機感が強く

とにかく前に前に進まないと

お客様の嗜好の変化に追い抜かれてしまうから

と言っています。


また新江さんから「やる気」をいただいたみたいです!

ありがとうございました☆