社内報
サゴーの社内報での新年挨拶ですが、皆様にもお届けします。

新年、明けましておめでとうございます。

2009年を振り返えると、リーマンショックを発端とした経済活動の世界的停滞、新型インフルエンザの異質な流行など、経営を取り巻く外部環境は、一年間以上が経過しても不測の事態となったままです。

それでも9月19日から11月23日まで舘山寺温泉で開催された浜松モザイカルチャー世界博2009(浜名湖立体花博)では、全国から多くのお客様がお越しになり、他地域より恵まれた時期を過ごすことになりました。

そして9月30日には、浜名湖遊覧船(株)を伊豆箱根鉄道(株)から全株式を引き継ぎ、サゴーエンタプライズ(株)の子会社として経営することになりました。浜名湖上から眺める美しい景観を大切にした旅の演出ができれば、舘山寺サゴーロイヤルホテルとの相乗効果が見込めるだけでなく、浜名湖観光圏を形成する大切な観光資源として地域に貢献できるはずです。

一本の長く直線に伸びる道の上に立ち、遠く先を眺めると、細くなっているように見え、不安な気持ちになります。そこから一歩ずつ前を向いて歩いて進めば、いつかは前に細く見えた場所も、実は同じ道の幅であることがわかります。しかし、勇気を持てずに立ち止まれば、この先はいつまでも細いままです。

2010年は、いま仕事があり、充実した毎日を過ごすことができることを素直に感謝して、すべてを前向きに、明るく笑顔で行動していきましょう!

第66期の経営基本方針で掲げている「一専多能な組織をつくる」の実施項目である「目標達成の仕掛けづくり(情報共有)」「課題解決の仕組みづくり(創意工夫)」「一専多能の雰囲気づくり(人材育成)」を優先課題として「顧客第一主義」を貫く企業体として邁進していきます。

そして第67期はさらに「揺るぎない伝統」と「絶えざる革新」が織り成す【SAGOブランド】の構築を皆さんと一緒に取り組むことをお誓いします。

一年間どうぞよろしくお願いします。

サゴーエンタプライズ株式会社
代表取締役社長  小野 晃司


みんなで努力しよう! その努力は報われるようにしよう!

正直言って、この景況感が今年も続くと、事業再編への決断が必要になってきますし、しなければ存続できない危機感を抱いています。