災害時に宿泊施設提供
地震など大きな災害時に宿泊施設を提供する協定を結んだ記事が

中日新聞に掲載されましたが、鈴木市長の横(右端)は私です。

浜松ホテル旅館協同組合が16日、地震などの大規模災害時に宿泊施設を提供する協定を浜松市と結んだ。小中学校などで避難所生活が難しい高齢者や障害者ら要援護者を受け入れ、市外から応援に来る自治体職員やボランティアも宿泊できるようにする。〔中日新聞 2009/11/17〕

今回の協定を結ぶ目的は、災害があった場合の対応策を浜松市と一緒に考えていくもので、業界全体で宿泊施設を提供する災害時協定を市町と結ぶのは県内初となりました。

もちろん災害はないことを望みますが、いつか起こる前提で対策を講じることは都市機能としても必要なことだと判断しました。