サゴーロイヤルホテル
舘山寺サゴーロイヤルホテルの露天風呂が中日新聞に掲載☆

中日新聞の夕刊に「恵み」という連載コーナーがありますが、今日は「母なる湖〜心癒す絶景の湯」という題で、舘山寺サゴーロイヤルホテルの露天風呂の写真が使われました!

 ピーヒョロロ。一羽のトンビが、目の前をかすめた。ホテル10階にある屋上露天風呂。眼下には夕焼け色の湖面が広がる。ああ、トンビは普段、こんな景色を見ているのか…。
 伝説の巨人ダイダラボッチが、よろけて手をついた跡と伝えられる浜名湖。手のひらの東側に湧くのが、開湯50年の舘山寺温泉だ。
 塩化物イオンが濃く「温まりの湯」とされる通り、ポカポカしてきた。冷たい風が心地いい。トンビを追うように立ち上がると、360度のパノラマが視界に開けた。
 遠くを見ると、かすんだ湖西連峰に、日が沈むところ。太陽は連峰に差しかかるや、ストンと落ちた。ダイダラボッチがよろけたのは、絶景に目がくらんだのかも。
(文・石川才子、写真・袴田貴志)

もしかしたら浜名湖の夕日は今が一番美しい時期かもしれません。

しかも、浜名湖に沈みゆく夕陽を、こうして風呂や客室から眺めることができるのは、実は舘山寺サゴーロイヤルホテルだけと言っても過言ではありません!

毎日こうした浜名湖に囲まれていると、地域の宝も忘れがちですが、お客様に感激や感動の言葉をいただくたびに、目が覚めます。

この地域に生まれ育ち、仕事ができるのは本当に幸せな環境だと実感します。

ぜひ浜名湖におこしくださいね(^^♪