浜名湖立体花博
今日は「浜名湖立体花博」の内覧会に行ってきましたが感激です!

9月19日から始まる浜名湖立体花博(MIH2009)の全容が、開幕1週間前の今日、内覧会に参加して素晴らしい世界博になると分かりましたので紹介したいと思います。

浜名湖立体花博

こちらは主催である浜松市の出展作品「ほほえみのハーモニー」で、主会場である「はままつフラワーパーク」に入場して右手奥に歩いて行くと、最初に見ることができますが、幅16m、高さ7mの見ごたえある必見の作品です。

浜名湖立体花博

世界25ヶ国、地域97都市からの91作品がそれぞれテーマを持った作品として展示されていることもあり、こうしたパネルで分かりやすく日本語と英語で説明されていますので、ゆっくりと楽しめます。

浜名湖立体花博

すぐ隣には大きなお城と鹿が本物のように展示されています。

浜名湖立体花博

さらに隣の温室「クリスタルパレス」では綺麗な花が観賞できます。

浜名湖立体花博

モザイカルチャーとは、絵画や彫刻などの芸術と草木の葉や花の魅力を活かす造園や園芸の環境創造技術が融合した全く新しいジャンルで、あらかじめ構築された金属フレームの像の表層部に多種、多彩、多様な生きた草木をデザイン通りに植え込んで作ります。こうした「人、動物、風景などの像及び群像と二次元の緑化床で景観を創造する「緑化像景アート」と定義しているそうです。

浜名湖立体花博

浜名湖立体花博

浜名湖立体花博

全体的に緑色になっているのは、モザイカルチャーのベースの草木が植え込まれており、開催期間である2か月間かけて、徐々にに芽が出て、徐々に花が咲くことで、芸術的なカラフルな像景になるそうです♪

浜名湖立体花博

こちらは制作中の作品ですが、人間を見れば大きさが分かります!

浜名湖立体花博

こちらはマスコットキャラクターの「モザイ」くんですが、玄関口をくぐると最初にお出迎えしてくれますので、写真スポットとして人気がでそうです。

We Love 浜松会議:開幕まであと1週間「浜名湖立体花博 マスコミ・関係者内覧会」
はままつフラワーパーク最新情報:浜松市長さんの訪問に驚く「ウナギイヌ」
中日新聞:緑の造形に市民ら感嘆 浜名湖立体花博の内覧会:静岡
いよいよ19日に開幕を迎える浜松モザイカルチャー世界博(浜名湖立体花博、主催・浜松市、世界博協会、後援・中日新聞社)。主会場のはままつフラワーパーク(浜松市西区舘山寺町)で12日に開かれた内覧会は、招待された近隣住民、旅行会社関係者らで盛況。場内は一足早く“緑の世界博”ムードに包まれた。(出来田敬司) 近隣住民を招いた午後の内覧会は南側の入場口に長い列ができ、見学コースは親子連れやカップルであふれかえった。楽しい創意工夫に包まれた緑のアート群の前では「これは面白い!」「どの角度から見るの?」など感嘆の声が盛んに交差。葉物植物に彩られたレッサーパンダや飛行機など人気作品は、記念撮影する人が相次いでいた。この日は約4500人(主催者調べ)が足を運んだ。展示されているのは世界25カ国・地域の91作品。作品は一部を除きほぼ完成しており、食堂や地方の物産を扱う展示ホールの開業を待つばかりとなっている。近隣の遊園地「浜名湖パルパル」の職員鈴木舞衣子さん(25)=浜松市中区高丘北=は「想像以上に立派な作品が多い。立体花博だけでなく、うちの遊園地にも足を運んでくれるといいですね」と期待を寄せた。一方、フラワーパークの職員は「開幕後も、これだけたくさんの入場者にお越しいただければ」と期待していた。立体花博は11月23日まで。会期中は無休。開幕前日まで販売される割安な前売り券は大人(18歳以上60歳未満)1600円、中人(15歳以上18歳未満)800円、小人(6歳以上15歳未満)500円、プラチナ(60歳以上)1100円−となっている。

最後に、宣伝になりますが、浜名湖立体花博にお越しの際は、会場エリアの浜名湖かんざんじ温泉で素敵な旅行をお楽しみください!

舘山寺サゴーロイヤルホテルには、入場券付きで格安に設定された宿泊プランや日帰りプランもございます。

ご予約のお客様には、ホテルから会場まで浜名湖遊覧船に乗って行ける無料サービスがございますので、お気軽にお問い合わせください!