paperdragon

どこから見ても首を振りながら、こちらを見つめるペーパークラフトのドラゴンを「振り向きドラゴン(ふりむきドラゴン)」または「首振りドラゴン」または「Paper Dragon」と呼ばれているようです。


休日に子供が作ってみたら、かわいいドラゴンが立体的に振り返って見つめ返します。さっそく Paper Dragon の動画にまとめましたので、ご覧ください。
 




これは Paper Dragon Optical Illusion という目の錯覚現象(だまし絵)のようですが、単なるペーパークラフトですので、一枚の紙をダウンロード(download)と印刷をしてから5分足らずでつくれます(作り方は英語表示ですので動画を作ってみました)。
 




最初は何気ないのですが、一度ペーパードラゴンの頭部が立体に見えると首を振り始めて、こちらが動くと、その動きに合わせてドラゴンが顔を向けてくるように見えるから不思議です(実際には動いていない)。
 

このペーパークラフトは10年前、1998年に Jerry Andrus 氏が、著名な数学者である Martin Gardner 氏の偉業を称えて作成したものだそうです。 Martin Gardner 氏は、マジックする数学者 "Mathemagician" という造語を作った人で、数学を遊びの分野に拡大した娯楽数学の提案者だそうです。【らばQ



子供でも簡単に作れますから、ぜひお試しくださいね!
 


▼クリックすると拡大しますのでプリントアウトして使えます▼
dragon-blue


dragon-green


dragon-red



3色揃うと動きがクローンの様に同じなのでさらに笑えます☆