2009年04月12日

浜名湖立体花博 が愛称に!

ウナギイヌ0904
はままつフラワーパークのウナギイヌが初夏の装いになりました☆


浜松モザイカルチャー世界博2009も開幕まで160日。

先日の理事会での報告では、チケットの前売り券や企業協賛の集まりは景況感もあり芳しくないようですが準備は進んでいるようですね。

浜名湖立体花博

浜松市で開催する以上は成功を求めるのが正論ですので(本当に関係者は一生懸命活動しています)、現地の進捗状況を含めて今後も前向きに報告したいと思います。

浜松モザイカルチャー世界博2009 (MIH2009)
◇会期: 2009年9月19日(土)〜11月23(月) 66日間
◇時間: 月〜木 9:00〜17:00 金〜日・祝 9:00〜21:00
     (最終日11月23日は9:00〜17:00)

まず「モザイカルチャー」というキーワードが世間に親しみが薄い、配布されているチラシなどに書かれている「花と緑の像景アート」では分かりにくい、という指摘から【浜名湖立体花博】をイベント名称(愛称)に使うことになりました。

浜名湖立体花博ロゴ

これにより2004年に開催された【浜名湖花博】との連想イメージがつきやすいと賛成していますが、さらに「モザイカルチャーとは」を一言で表現するには【札幌雪まつりの園芸版(造園版)】が旅行業者には簡単だと個人的には言っています。

◆モザイカルチャーとは(日本トピアリー協会)
いくつもの花や緑を組み合わせ、その色合いや特性を生かしながら、モザイク状・幾何学状に配置し、形を作りあげた作品を「モザイカルチャー」と呼びます。

会場となる「はままつフラワーパーク」も夜桜開園が終わり、7月1日から休園して準備工事に入るとのことです。

はままつフラワーパークとしては、2009年7月1日〜12月31日までを休園し、浜松モザイカルチャー世界博2009会場となります。

2008年9月20日に設置された「うなぎに驚くウナギイヌ」も季節によって使う植物を変えることで装いに変化をさせています(上部の写真は4月14日のブログ記事より)ので楽しみにしましょう☆



Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加





この記事へのトラックバック

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ono3535/51179745