2008年06月06日

四川大地震 救援金

義捐金記事四川大地震災害に対して社員が救援金義捐金)を集め、中日新聞社静岡新聞社の2社に届けました。

静岡新聞社 7万5000円
中日新聞社 8万1882円

新聞にも掲載されましたが、サゴーグループには現在10名の中国人が観光と日本語を勉強しながら働いています(研修生)。

もう少し時間をかければ、もう少し金額も増やせたのですが、一日も早い復興を願いつつ2社にお渡ししました。




Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加





この記事へのトラックバック

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ono3535/50994670

■■ コメントありがとうございます ■■■■■■

新聞見ました!こういう時に行革新の人や会社は何もしないんでしょうかねぇ!?
Posted by はま at 2008年06月07日 00:34
いつも楽しく拝見させていただいております。今回初投稿です。

社員が自発的に動くという事はすばらしい事
だと思います。
リーダーの常日頃の言動がそのような環境を生み出すと言う事でしょうか。見習いたいと思います。
Posted by ミック at 2008年06月07日 11:25
同業者です。いつも読んでます。
中国から研修生とはおもしろいですね。
また教えて下さい。
Posted by ひろ at 2008年06月07日 19:59
☆はまさん、ミックさん、ひろさん
ありがとうございます!
行革審については…公私で忙しいのでしょうかー!?
それとも会社が税金納めているから、その使い方で行政が支援すべきと考えているのかな!?
さて、中国から来ている研修生は一年間で入れ替わります。
最近嬉しいのは、彼女たち(彼たち)が中国に戻って大学を卒業してからサゴーに就職したいと言ってくれることです。
いろんな考えがありますが、お客様からも「中国の若い子が頑張っていた」とお褒めの言葉をいただきますし、サゴーの雰囲気に馴染んでいる証です。
韓国からも研修生(大学生)を受け入れていますが、同じ職場の日本人がその真面目な働きぶりに良い影響を受けるほどに勤勉です。
Posted by ono3535 at 2008年06月08日 09:15