sagokai0801-12008年1月10日(木)に舘山寺サゴーロイヤルホテルにて第39回サゴー会が開催されました。

サゴー会はいわゆる日頃お取引をしている業者の皆様との繁栄会なのですが、1月と9月の年2回を平成元年から継続開催しているもので、今年は平成20年に入ったことで39回目を迎えたわけです。

今回はサゴー会開催の30分前に集まっていただき「仕入関連説明会」を行いましたが、これは当社の仕入購買業務の強化と会員間の連絡や協力をより密にして「共存共栄」を図ろうという目的でした(5年前にも開催)。

sagokai0801-2私は経営者として、当社の理念でもある「良品廉価」の追求を改めてお願いしました。

良品廉価」は文字通り「良いものを、より安く」お客様にサービスを提供できるための考え方ですが、「安かろう、悪かろう」ではなく「このサービスを、この値段で」という感激と感動を得ていただく概念です。

業者の皆さんには、「同じものをより廉価で」あるいは「同じ価格でより良い品質のものを」という2つの方向で当社が努力をしている取り組みへの理解と協力を改めて仰ぎました。

仕入価格の変動に関しては、必ず見積などを、納品と生産地・製造元を書面にて明記して提出していただくと同時に、当社の仕入業務も1名の担当者から3名のローテーション制に変更したことを説明しました。

また「虚礼廃止」として、会社や個人へのお中元やお歳暮は辞退する反面で、サゴー会とお客様紹介運動への積極的な参加をお願いしています。

これからも「サゴー会が共存共栄するには、全員が運命共同体でなければならない」ことを忘れずに、それぞれの社業の永続的発展をお願いするばかりです。