先日(2005年12月5日)に三井住友銀行グループのSMBCコンサルティングが今年の「ヒット商品番付」を発表しましたが、今度(12月14日)は住友生命保険が世相を映した「創作四字熟語」の入選作品を発表しました。

■優秀作品
全国政波(ぜんこくせいは): 全国制覇
 郵政が争点で注目を集めた衆院選。自民党が圧勝した。
大株主命(おおかぶぬしのみこと): 大国主命
 IT企業や投資ファンドなど「もの言う株主」の存在感が強まる。
後禍石綿(こうかせきめん): 効果てきめん
 過去の対策の遅れで、アスベストによる深刻な健康被害が問題に。
車内恋愛(しゃないれんあい): 社内恋愛
 電車の中で始まった恋を描いた「電車男」が大ブーム。
セパ琢磨(せぱたくま): 切磋琢磨
 プロ野球のセ・パ交流戦スタート。ファンも盛り上がりました。

■入選作品
一斉開襟(いっせいかいきん): 一斉解禁
 クールビズでビジネスマンが一斉にネクタイを外した。
愛知急沸(あいちきゅうわく): 愛・地球博
 愛知万博は目標を上回る入場者数に。地元に経済効果も。
津々揺々(つつゆらゆら): 津々浦々
 国内外で地震や津波が相次いだ。自然の猛威に対策を。
交通危感(こうつうきかん): 交通機関
 列車事故や飛行機のトラブルが頻発。安全面に危機感。
起姿歓声(きしかんせい): 起死回生
 レッサーパンダの「風太(ふうた)」が立ち上がる姿に拍手。