2005年07月13日

実名ブログか?匿名ブログか?

このブログも開設してから、はや一週間が経ちました。

最初は匿名ブログ実名ブログか迷いましたが、自分の行動や考えを語ることは経営者としての行動や考え方を語ることだと思い、若者なら(そろそろ若者とは言えない年ですが…)、それなりの方法での情報発信を試みようと決意しました。

ブロク開設の意義に関しては、藤代裕之さん(ガ島通信)がニュースサイト「Slashdot Japan」の編集者Oliver M. Bolzer氏にメールインタビューを行った際のコメントをお読みいただければ伝わりやすいかと…。

ネットユーザは今も昔も、情報を吸収したら、自らも情報を放出したくなってくる人がほとんどです。これは程度の差はあれ世界のネット文化共通のものだと言えます。掲示板でその他大勢の一人として雑談するのではなく、ブログは自分が主役の場で、「情報発信をする」という強い意志の現れです。ブログが掲示板と明確に違うのは継続性です。一人の個性を持った人間が、瞬間ではなく中長期に発言することで、内容の信憑性やその裏側にある価値観が読み取れるところが面白いと思っています。ブログの流行はネット文化に違った風をもたらすのではなく、より多くの人が情報をインプットするだけから付加価値をつけてアウトプットする様になることの追い風であると私は考えています。

自分の言葉で「語る」ことは意志を伝えることであり、そこから生まれるネットワークを「活かす」ことは、何か(誰か)を「動かす」ことに繋がるからに違いありません。


地域のことを無責任に書くな、と言われそうな気がしますが、地域を心から応援することを優先し、内容、スタイルは柔軟に変化していきたいと思っています。

とは言え、全て分野に100点満点の専門家ではありませんので、その内容と表現の稚拙さについては自ら認めるところであります。

それだけに、自らが勉強させていただき、情報アンテナを高くし、その延長で記事から何かを感じ取っていただければ幸いです。

できるだけ中立公平、鳥瞰的コメントをいたしますので、ご理解のほどよろしくお願いします。



Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加





この記事へのトラックバック

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ono3535/50028817

■■ トラックバックありがとうございます ■■■


書きたいことはいくらもあり、今回の記事の方向も大体決めたのですが、本業のほうが、どうにも忙しく、SOHOメルマガで発信できるまでの記事を書く時間が取れないので、先行して「読書指定ブログ」だけ発表。■■■今日の読書指定ブログ■■■■■■■■■■■■■■■■■■...
今日の読書指定ブログ!!【ブログる人は、救われる!】at 2005年08月24日 10:06
ブログの匿名実名論争にすっかり乗り遅れたので、ちょびっとだけでお茶を濁します。 基本的に好きにすればぁ、というスタンス。私は一応匿名ですが、社名などの属性を出してしまっているわけで、実名とほぼ変わりません。調べようと思えばすぐに見つかりますし、今更引っ...
遅刻の上ちょびっとだけ:私にとって匿名実名【猫手企画@新聞屋】at 2005年12月01日 14:37
  すちゃらかな日常松岡美樹さんのところで、匿名性について議論がもりあがっている。   私の場合は松岡さんのところの話とは多少理由がずれているかもしれない。   まず、完全に身元を隠したかったから。友人でこのブログを知っている人は数少ない。と...
ブログは匿名でいいよね【あんなこと、こんなこと。どんなこと?】at 2005年12月01日 23:47
JR西日本の事故に絡んで、同社の記者会見に出席した読売新聞記者の「態度」について、読売新聞が「不適切発言」だったとして、おわびのコメントを大阪本社・社会部長名で出した。(脱線事故会見巡る不適切発言でおわび…読売・大阪本社)。そのニュースを見ながら、大声と...
大声や怒声。人はそれに弱い【ニュースの現場で考えること】at 2005年12月05日 10:53
授業でブログを利用するにあたり、投稿者の部分をどうするか考えてみる。 学校の授業で取り上げるのだから実名ブログだろう、と考えているが、いろいろな考えもあるだろうということで、とりあえず匿名ブログ、実名ブログに関して、どんな考えがあるのか調べてみた。 すち...
匿名ブログor実名ブログ【Tech for Learning】at 2006年01月16日 10:59

■■ コメントありがとうございます ■■■■■■

立派な思想をもつておられるようで、大変興味をもちました。地域によい音楽を提供することと、音楽関係のイベントの企画で、お役に立てれば幸いです。長年の経験とカバ−するレパ−トリ−の広さ、信用の点で、誰にも負けないと自負しています。私の作詞作曲した、打ち水音頭---で検索したら、そちら様のサイトにつながりました。浜松は音楽のメッカですね。ひとつよろしくお願い申し上げます。
Posted by 清水泰郎 at 2005年09月07日 20:10
☆清水さん
コメントありがとうございます。浜松市は「楽器のまちから音楽のまちへ」というコンセプトのもとに行政と民間が協働している面が多いと思います。これは製造する技術だけでなく消費文化あるいは生活文化を高め、市民の感性を豊かにする大切な要素だと思います。これからもよろしくお願いします。
Posted by ono3535 at 2005年09月10日 00:04
はじめまして!勉強のため、みなさんのブログをきています。僕のところにも、遊びに来てください。
Posted by もっくん at 2005年09月11日 12:05